2008年06月11日

1.1 Overview

1.1 概要

Spring Frameworkではその多彩な機能を、下図に示した6つのモジュールとして提供しています。この章では各モジュールを順に見ていきましょう。

[図:Spring Frameworkの概観]

「Core」パッケージはSpringの核となる部分で、IoC/DI機能を提供します。Coreパッケージの基本概念であるBeanFactoryはFactoryパターンの機能を持つ洗練されたクラスです。これによって、Singletonのコーディングは不要になり、プログラムロジックを設定と仕様への依存から解放します。

「Context」パッケージはCoreパッケージの補助的なもので、JNDIレジストリサービスのような方法でオブジェクトにアクセスする方法を提供します。ContextパッケージはBeansパッケージからその機能を引き継いでおり、それに加えて国際化(たとえばリソースバンドルの使用)、イベントの繰り上げ(event propagation)、リソースのロード、サーブレットコンテナ等の外部で作成されたコンテキストの使用に対応しています。

「Dao」パッケージは、単調なJDBCの実装やデータベース固有のエラーコード解析の手間を省くための、JDBC抽象化レイヤーを提供します。さらに、宣言的トランザクションおよびプログラム制御トランザクションを、特定のインターフェイスを実装したクラスだけでなく、POJO(Plain Old Java Objects)に対しても提供します。

「ORM」パッケージは一般的なO/RマッピングAPI(JPA、JDO、HibernateおよびiBatis)をSpringから使用するためのパッケージです。ORMパッケージはこれらのO/Rマッピングフレームワークを、Springが提供する他の機能(たとえば前述の宣言的トランザクション管理など)と同時に使用することができます。

「AOP」パッケージはAOP Allianceに準拠したアスペクト指向プログラミングの機能を提供します。これによりメソッドのインターセプトやポイントカットを使用して、論理的には分割されるべき機能を分離することができます。またソースレベルメタデータ機能を使用することでコード中にそのコードの振る舞いに関する情報を組み込むことができます。これは.Netの「属性」に似た機能です。

「Web」パッケージはファイルの分割アップロードや、サーブレットリスナを使用したIoCコンテナの初期化、Web向けアプリケーションコンテキストといった機能を持つ、Web指向の統合パッケージです。WebWorkあるいはStrutsをSpringとともに使用する際にも必要となるパッケージです。

「MVC」パッケージはWebアプリケーション向けのMVC(Model-View-Controller)実装を提供します。SpringのMVCフレームワークは単なるMVCではなく、ドメインモデルとWebフォームを完全に切り離し、さらに他のSpringの機能を使用できる環境を提供します。

原文:http://static.springframework.org/spring/docs/2.5.x/reference/introduction.html#introduction-overview
ラベル:SpringFramework2.5
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。