2008年06月21日

2.6. Everything else

2.6 そのほかの新機能
最後の節ではSpring 2.0/2.5のその他の新機能や改善点の概要を挙げてあります。

2.6.1 動的言語のサポート
Spring 2.0からはJava以外の言語(現在はJRuby、GroovyそしてBeanShellをサポートしています)で書かれたBeanを使用することができます。動的言語のサポートは第24章 「動的言語のサポート」に述べられています。
Spring 2.5では最新リリースのJRuby 1.0への対応と自動ワイヤリングのサポートが追加されています。

2.6.2 テスト環境の強化
バージョン2.5からSpring TestContextフレームワークが導入されました。このフレームワークは使用するテスティングフレームワークに関係なく、アノテーション駆動の単体・結合テスト環境を提供します。つまり、たとえばJUnit 3.8で使用したテクニックとアノテーションによる設定が、JUnit 4.4やTestNGなどを使用したテストにも適用できるということです。
Spring TestContextフレームワークは、汎用的で拡張性のあるテスト環境を提供するだけでなく、設定不要で使用できるSpring特有の結合テスト機能(「コンテキスト管理とキャッシュ、テスト手順のDI」およびデフォルトのロールバック動作による「トランザクションを使用するテストの管理」といったもの)を提供します。
単体・結合テストの補助機能に関する情報は改訂されたテストに関する章中の8.3.7項 「Spring TestContextフレームワーク」を参照してください。

2.6.3 JMXサポート
Spring 2.0ではJMXの通知(Notification)をサポートします。MBeanをMBeanServeに登録する際の動作を宣言的なコントロールを行うことも可能です。

  • 20.7節 「通知」
  • 20.2.5項 「登録時の動作をコントロールする」

さらにSpring 2.5からは設定用の context:mbean-export 要素がBeanクラスを簡易に登録するために追加されており、Beanに記述された@ManagedResourcesアノテーションを読み取ることができます。

2.6.4 JCAアダプタとしてSpringアプリケーションコンテキストをデプロイする
Spring 2.5ではSpringアプリケーションコンテキストをJCAのRARファイルにまとめられたリソースアダプタとしてデプロイすることができます。これによってJ2EEサーバのすべての基幹部分にアクセスする(たとえばスケジュールされたタスクを実行したり、メッセージ受信を監視したりするなどを行う)ヘッドレスなアプリケーションモジュールとしてJ2EEサーバにデプロイすることができます。

2.6.5 タスクのスケジュール
Spring 2.0はタスクのスケジューリングに関する抽象化機能を持っています。関心のある方は23.4節 「TaskExecutorの抽象化」を参照してください。
TaskExecutorによる抽象化は、たとえば非同期JMSのサポートなどフレームワーク自身においても使用されています。またSpring 2.5ではJCA環境のサポートにおいても使用されます。

2.6.7 Java 5(Tiger)のサポート
以下のリンク先にSpring 2.0および2.5におけるJava 5のサポートについての文書があります。

  • 3.11節 「アノテーションによる設定」
  • 25.3.1項 「@Required」
  • 9.5.6項 「@Transactionalの使用」
  • 11.2.3項 「SimpleJdbcTemplate」
  • 12.6節 「JPA」
  • 6.2節 「@AspectJのサポート」
  • 6.8.2項 「Springと同時にAspectJをドメインオブジェクトのDIに使用する」


原文:http://static.springframework.org/spring/docs/2.5.x/reference/new-in-2.html#new-in-2-other
ラベル:SpringFramework2.5
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。